弊社はこれまで多くの解体(家屋解体)工事を行い、信頼と実績を積み重ねてきました。
工事に関することでお悩みのお客様、諸条件やご要望に合わせ一つ一つ確実にお応えいたします。
Facebook Twitter Gplus RSS
magnify
Home 事務員の独り言 ガードレールの設置

ガードレールの設置

2016年3月7日

暖かくなってきました。
週末はまた寒くなるようで寒暖差が激しいので体調管理に気を付けたいところです。
陽も長くなり、春はもうそこまで来てますね。

2月26日、作業員さんらが地域貢献いたしました。
会社の近くにガードレールを作ったのです。

事務員の私は又聞きなので、詳しくはわかりませんが、区長さんが市や県にガード
レール設置の要望を出していたらしいのですが、ちょうど境界になるようで、どちら
の管轄でもない場所のようで、設置されることはなかった箇所らしいのです。
又聞きなので、どうしても「らしい」が多くなってしまう・・・

区長さんが社長に「おたくで何とかできない?」と言われたそうで、フィットで作成
したのがこれです





すごいクオリティー高くないですか???

解体作業をするとき、ほこりが他にいかないよう足場を組むらしいですが、その足場を
利用し作成したそうです。
作業日報には『単管(切断して22本)、グランプカバー24個、単管キャップ16個』使用
したと記載がありました。
グランプカバーが何なのかは、無知な事務員にはわかりませんが、通学路になってるので
これで安全ですよね。

「なくても田んぼに落ちないだろ?」とも思われがちかもですが実際、事務員の実父は
お手製ガードレール設置場所ではないけれど、木曽川アピタに自転車で行き、帰りに設置
場所近くで自転車ごと田んぼに落ちたことがあります。

壊すだけでなく、こんなのも作れる作業員さんらはすごいなぁって思っちゃいました。

あっ、重機に乗ってる時もすごいなぁ。かっこいいわって思う事務員でした。
私にかっこいいと思われても嬉しくないかもなぁ。




 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
コメントは受け付けていません。  comments