弊社はこれまで多くの解体(家屋解体)工事を行い、信頼と実績を積み重ねてきました。
工事に関することでお悩みのお客様、諸条件やご要望に合わせ一つ一つ確実にお応えいたします。
Facebook Twitter Gplus RSS
magnify
Home 事務員の独り言 近くの現場

近くの現場

2016年8月19日

こんにちは、フィット事務員です。

お盆過ぎても、わずかにも涼しくならず・・・
明日は最高気温37度と、ちょっとした微熱のときと一緒の温度です。
平熱が低い人なら、「だるい~」って言ってますよ。

でも、ちょっぴり陽は短くなったように思います。
陽の長さではなく、最高温度で秋の近づきを感じたいものです。

今まさに暑い中、職人さんたちは、お外でお仕事中です。
そして1チームは、フィット事務所のすぐ近くでお仕事をしています。
解体現場をみる機会が事務員はないので、営業の浅野さんが「みてきたら~」とすすめでくれました。

ということで見学に行き、写真を撮ってきました。

近くの現場って、どのくらい近いかという写真です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



ほんとに歩いてすぐです。職人さんたちがいる場所から視界に入ってます。
そしてこんな感じで作業してました。





近くに行って見学しましたが、大迫力でした。
家の前に重機を置いていましたが、作業スペースが狭そうに見えました。
(他を見たことがないので、いつもの作業スペースがわかんないんですけど・・・)
重機をうまく回転させながら徐々に壊しつつ、他の職人さんたちが壊れたものを
手作業で次々と片づけていました。
やはり、危険を伴う大変な作業だなぁ。

昨日は屋根の瓦をおろす作業をしていたのは、壊すときバラバラと瓦が落ちると
危ないから、先におろしたのかしら?などと思いつつ見学した事務員でした。

以前、解体しているのを見た現場近くの方から、解体依頼を受けたのも職人さん
たちの仕事ぶりが認められた感じがして嬉しかったですが、ご近所様からの依頼
もフィットを身近に感じてもらえているようで嬉しいものですね。

 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
コメントは受け付けていません。  comments